VOICE 社員の想い

社員の想い

中本 陽工学部卒業  2014年/4入社

ボイス

この会社の魅力、一番面白いところ

中島工業の魅力は、1から10までの工程を自分一人で出来るところだと思います。
具体的には、お客様から工事の依頼を受けると、設計から見積を作成する、そして実際に現場管理者として協力業者の方へ作業内容の指示をし、施工を管理する。
終わってからも、定期的に点検等に伺うなど1つの工事を『自分で考えて施工管理する』というところが一番面白いところだと思います。
基本的に一人で考えて行うので、辛い場面もありますが、それを乗り越えると大きな達成感を得ることが出来るので頑張ることが出来ます。

大変なことがあっても、この仕事をやめていない理由

今はまだ、やめたいと思ったことはありません。
1つの工事を基本的に一人で初めから終わりまで担当するので、辛い場面は必ず出てくるとは思いますが、そこがこの仕事の大変な部分であり、やりがいを感じることができる部分かなと思います。
どんな仕事でも楽なことばかりではないと思います。
中島工業では、困って助けが必要な時に先輩や上司が丁寧に指導してくださるため、大変な場面も乗り越えることができ、自分も成長することができます。
辛さを感じつつ楽しさや喜びも感じながら、仕事を行えると思います。

ボイス

あなたの仕事をどのように次世代に伝えていきたいか

中島工業のVISIONは、『お客様の目線に立って安心・安全・快適を提供し続け、信頼を築き上げる』ことだと思っています。
これから施工管理を行っていく上で、自分のやりやすいように過程を考えるだけでなく、お客様の立場となって『どうすれば使いやすくなるだろう』『どうすれば快適に使ってもらえるだろう』など、色々な立場、目線で考えながら計画を立てる必要があると思います。
その結果が信頼に繋がっていくと考えているので、規模の大小に関わらず一つ一つの工事に対し、色んな発想力や対応力を持って挑みたいと思います。


後藤 遼太郎農学部バイオセラピー学科  2018/4入社

ボイス

この会社の魅力、一番面白いところ

一貫して工事に携わることが出来る所です。先輩に付いて工事を見る所から、一人で現場に立ち会い、見積りを作成し、最近ではお金の管理も任せてもらえるようになりました。
計画通りに工事を進めることが出来なかったり、分からない・知らないことだらけで右往左往することもあります。お客様や協力会社の方々、上司に厳しい言葉をかけられることもあります。正直、その場を逃げ出したいと思ったことが何度もあります。
ただ、それだけにやりがいを感じ、その一つ一つを自身の成長の糧として日々取り組んでいます。自分に少しでも出来ることが増えればそれは自分の為になる事はもちろん、それが会社・お客様・協力会社の方々のためになると信じています。

大変なことがあっても、この仕事をやめていない理由

理由は二つあります。一つは自分の仕事にやりがいを感じているからです。
出来ないことが多い今の状況で、少しでも自分の力が付いたと感じる場面、良くも悪くも周りから評価される場面ではもっと伸ばしたい、反省しなければと思います。
それらを一つ一つ克服していくことが自分の力になり、会社の力になるんだと思うと、俄然やる気が出てきます。
もう一つはプライベートの時間を大事にしていることです。社会人になってから、学生時代から始めた趣味に思いっきりはまり、その趣味もきついことがありますが、それ以上に楽しいことが多いので、いい気分転換になっています。

ボイス

あなたの仕事をどのように次世代に伝えていきたいか

話す事、相談する事です。悩みや不満があっても自分一人の世界に入り込み、溜め込まないように心掛けています。
私の上司はよく話を聞いてくれ、トラブルが起きても、「そんなの全然大丈夫だ」と声をかけてくれ、解決策を考えてくれます。何度救われたか分かりません。
また、先輩、同期、後輩も気楽に会話が出来る関係であることも大事にしている事です。
中島工業は一つの営業所当たりの人数が少ない分、一人一人の責任は新入社員であっても少なからず感じながら仕事をしていると思います。少ない人数だからこそ、日頃のコミュニケーションを大切にし、協力し合いながら、目標に向かって取り組んでいます。


山内 辰也建築学科  2008/4入社

ボイス

この会社の魅力、一番面白いところ

自分がやりたいと思ったことに、積極的に挑戦させてもらえるというのが一番大きいです。
工事に関しても経験を積めば、工事を受注するところから工事が完了し、お客様へ引き渡すところまで一気通貫で携われるところは、他社と違い魅力を感じられると思います。
1人で取り組む中で大変な事はたくさんあるとは思いますが、やり切った時の達成感は、ここでしか味わえないと思います。

大変なことがあっても、この仕事をやめていない理由

自分がくじけそうなときに、お客様や協力会社の方々から感謝されたり、喜んでもらえることで、つらいことや逃げ出したくなる気持ちも忘れさせてくれました。
この経験が「今を乗り越えればきっといいことがある」と自分に言い聞かせてきました。
終わった時の達成感は、また次も頑張ろうと思えるので、その繰り返しを重ねていくことで続けれているのだと思います。

ボイス

あなたの仕事をどのように次世代に伝えていきたいか

会社が安定成長を続ける中、全体でみると未熟で経験もまだまだ少ないと思います。
私のような中堅層と若手社員が一緒に会社を盛り上げていけるように、仕事の経験を積み重ね、先輩たちを追い抜く勢いで力を伸ばしていきたいと思っています。
そのために、自分の得意分野をしっかり磨き、特に自分の場合であればTfas-CADを使った図面作成を誰が見ても見やすい図面が描けるように努力し、苦手な分野も少しずつ克服していきたいと思っています。