野呂和希 のろかずき(2014年入社)

2014年入社 工学院大学 応用化学科

「結果には2つしかない。OKか失敗か」

  • 6:00 起床〜会社のクルマで直接お客様の工場へ

    もともと神奈川出身で、当初は神奈川営業所への配属でした。 私の入社後に、営業所を新設するので新しいチャレンジができると思い、茨城営業所に手を上げて配属になりました。 今は、大手食品メーカーの工場に常駐をしています。会社で借りているマンションから、直接毎日工場に車を使って通勤をしています。

  • 8:00~ 現場事務所に到着、午前中の仕事

    まずは、前日の段取りを踏まえて、当日の工事について朝礼を行います。 当日の作業工程、安全確認など協力会社さんと一緒に行い、工事によって増減がありますが、だいたい4〜5人でチームを組んで工事に取り組みます。 朝礼は神奈川営業所にいたときから、1年目より既に任されていました。 工事現場では、設計の確認など協力会社さんからの質問にきちんと答えられるように、前もって自分で準備をします。

  • 12:00~13:00 昼休み

    工場に食堂はありますが、すぐに午後に動けるように、すぐにお昼を済ませたいので 私はコンビニで弁当を買って短い時間で済ませることが多いですね。私は短い時間で済ませる方が好きですね。

  • 13:00~17:30ごろ 午後の仕事

    現場での工事管理以外にも、その先のことを見据えて図面に起こしたり、協力会社さんの手配を行ったりします。 先輩と協力しながら行うのですが、最近は任せてくれる範囲が拡がったので嬉しいです。 結果には2つしかないと思っています。OKだったか、失敗だったか。OKも失敗もそこから学んで次に活かすことを常に考えています。「間違えても損はない」というスタンスでチャレンジするとむしろ色んなことができるように思います。

  • 17:30~ 翌日以降の準備

    先々の工事も踏まえて、翌日以降の部品や協力会社さんの手配など、段取りを進めます。 食品会社なので、ちょっとした破片やホコリにもダメです。安心と安全が完璧にできるように、自分で歩いて工事のイメージを描くようにしています。 翌日のこともありますから、遅くとも20:00くらいまでには終わらせるように進めます。

  • 帰宅~24:00までに就寝

    自宅に帰ったら、身体を休めます。ビール飲んでテレビ見ていることが多いでしょうか?(笑)
    仕事と休みのメリハリをつけるようにしています。 休みの時は、この周辺の美味しいラーメン屋さんを探すのが楽しいですね。

リーダーから見た野呂さん

彼のチャレンジ精神には本当に感心をしています。
ややもすると失敗が怖くて受身になってしまう時に、失敗からも学ぶというアグレッシブな姿勢は、自分の若い頃と比較しても凄いと思います。 自ら手を上げてやろうとするのは中島工業の文化にピッタリの人財だと思っています。
この1年大きく成長した人財で、今後がとても楽しみです。早くリーダーになって営業所を引っ張って行って欲しいと思います。